Publication

Journal Papers (25)

  1. K. Maruta, C-J. Ahn, “Stabilized Blind Interference Suppression of Constant Modulus-based Adaptive Array over Rayleigh Fading Channels by Initial Antenna Selection,” IET Microwaves, Antennas & Propagation, 2019 [Accepted]
  2. K. Maruta, C-J. Ahn, “Improving Semi-Blind Uplink Interference Suppression on Multicell Massive MIMO Systems: A Beamspace Approach,” IEICE Transactions on Communications, Vol.E102-B, No. 8, pp.-, August 2019. [Accepted]
  3. S. Kojima, K. Watanabe, K. Maruta, C-J. Ahn, “Joint Adaptive Modulation and Transmit Power Control on Frequency Symbol Spreading OFDM Mobile Relay System,” Journal of Signal Processing, Volume 23, Issue 3, pp. 83-93, May 2019.
  4. K. Maruta, C-J. Ahn, “Uplink Interference Suppression by Semi-Blind Adaptive Array with Decision Feedback Channel Estimation on Multicell Massive MIMO Systems,” IEEE Transactions on Communications, vol. 66, no. 12, pp. 6123-6134, December 2018.
  5. S. Kojima, K. Maruta, C-J. Ahn, “Throughput Maximization by Adaptive Switching with Modulation Coding Scheme and Frequency Symbol Spreading,” Journal of Communications Software and Systems, Vol. 14, No. 4, pp. 332-339, November 2018.
  6. K. Tezuka, S. Taroda, S. Higuchi, K. Maruta, C-J. Ahn, “Variable Channel Threshold-Based Hybrid AF-DF Cooperative Communications with Packet Splitting,IEIE Transactions on Smart Processing and Computing, Vol. 7, No. 5, pp. 392-398, October 2018.
  7. Y. Nakayama, K. Maruta, “Analysis of Nonlinear Bypass Route Computation for Wired and Wireless Network Cooperation Recovery System,” Big Data and Cognitive Computing, Vol. 2, No. 3: 28, September 2018.
  8. K. Maruta, “Dynamic Clustering and Coordinated User Scheduling for Cooperative Interference Cancellation on Ultra-High Density Distributed Antenna Systems,” Entropy, Vol. 20, No. 8: 616, August 2018.
  9. Y. Nakayama, K. Maruta, T. Tsutsumi, K. Sezaki, “Optically Backhauled Moving Network for Local Trains: Architecture and Scheduling,” IEEE Access, vol. 6, pp. 31023-31036, June 2018.
  10. T. Iwakuni, K. Maruta, A. Ohta, Y. Shirato, T. Arai, M. Iizuka, “Experimental Verification of Null-Space Expansion for Multiuser Massive MIMO via Channel State Information Measurement,” IEICE Transactions on Communications, Vol.E101-B, No.3, pp.877-884, March 2018.
  11. Y. Nakayama, K. Maruta, T. Tsutsumi, K. Sezaki, “Wired and Wireless Network Cooperation for Wide-Area Quick Disaster Recovery,” IEEE Access, vol. 6, pp. 2410-2424, February 2018.
  12. H. So, K. Maruta, K. Suzaki, “Laboratory Experiment of Blind Adaptive Array with Subcarrier Transmission Power Assignment in Spectrum Superposing Scenarios,” Electronics, Vol. 7, No. 1: 7, January 2018.
  13. K. Maruta, T. Arai, A. Ohta, S. Kurosaki, T. Iwakuni, M. Iizuka, “Experimental Verification of Massive Antenna Systems Employing Parallelogram Planar Arrays,” IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering, Vol.12, No.S2, pp.S82-S90, December 2017.
  14. K. Maruta, H. Furukawa, “Highly Efficient Multi Channel Packet Forwarding with Round Robin Intermittent Periodic Transmit for Multihop Wireless Backhaul Networks,” Sensors, Vol. 17, No. 11: 2609, November 2017.
  15. K. Maruta, A. Ohta, S. Kurosaki, T. Arai, M. Iizuka, “Experimental Investigation of Space Division Multiplexing on Massive Antenna Systems for Wireless Entrance,” IEICE Transactions on Communications, Vol.E100-B, No.8, pp.1436-1448, August 2017.
  16. T. Iwakuni, K. Maruta, A. Ohta, Y. Shirato, T. Arai, M. Iizuka, “Null-Space Expansion for Multiuser Massive MIMO Inter-User Interference Suppression in Time Varying Channels,” IEICE Transactions on Communications, Vol.E100-B, No.5, pp.865-873, May 2017. [IEICE Best Paper Award]
  17. K. Maruta, A. Ohta, S. Kurosaki, T. Arai, M. Iizuka, “Massive Antenna Systems for Wireless Entrance (MAS-WE) : Practical Application of Massive MIMO with Simplified Space Division Multiplexing Schemes,” IEICE Transactions on Communications, Vol.E100-B, No.5, pp.779-787, May 2017.
  18. T. Arai, A. Ohta, Y. Shirato, S. Kurosaki, K. Maruta, T. Iwakuni, M. Iizuka, “Antenna Array Arrangement for Massive MIMO to Reduce Channel Spatial Correlation in LOS Environment,” IEICE Transactions on Communications, Vol.E100-B, No.4, pp.594-601, April 2017.
  19. Y. Nakayama, K. Maruta, T. Shimada, T. Yoshida, J. Terada, A. Otaka, “Utilization Comparison of Small Cell Accommodation with PON-based Mobile Fronthaul,” Journal of Optical Communications and Networking, vol. 8, no. 12, pp. 919--927, December 2016.
  20. K. Maruta, A. Ohta, T. Arai, T. Iwakuni, Y. Shirato, S. Kurosaki, M. Iizuka, “Multiuser Parallel Transmission with 1-tap Time Domain Beamforming by Millimeter Wave Massive Antenna Arrays,” Global Journal of Computer Science and Technology, Volume 10, Issue 1: 11-22, September 2016.
  21. K. Maruta, T. Iwakuni, A. Ohta, T. Arai, Y. Shirato, S. Kurosaki, M. Iizuka, “First Eigenmode Transmission by High Efficient CSI Estimation for Multiuser Massive MIMO using Millimeter Wave Bands,” Sensors, Vol. 16, No. 7: 1051, July 2016.
  22. K. Maruta, J. Mashino, N. Otsuki, T. Sugiyama, “System Throughput Improvement by Optimizing Timeout for Wireless Network Coding and Frame Aggregation on CSMA/CA Bidirectional Two-Hop Relaying Prototype,” IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering, Vol.11, No.S1, pp.S115–S121, June 2016.
  23. K. Maruta, A. Ohta, M. Iizuka, T. Sugiyama, “Impact of Imperfect Channel State Information on Quasi-Decentralized Cooperative Inter-Cell Interference Cancellation with Fractional Frequency Reuse,” IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems, Vol.135, No.10, pp.1169-1179, October 2015.
  24. K. Maruta, J. Mashino, T. Sugiyama, “Blind Interference Suppression Scheme by Eigenvector Beamspace CMA Adaptive Array with Subcarrier Transmission Power Assignment for Spectrum Superposing,” IEICE Transactions on Communications, Vol.E98-B, No.06, pp.1050-1057, June 2015.
  25. Y. Tohzaka, K. Maruta, Y. Higa, H. Furukawa,“Evaluations of Wireless Multihop Network Incorporating Intermittent Periodic Transmit and Packet Forwarding Path Reservation,” IEICE Transactions on Communications, Vol.J91-B, No.10, pp.1287-1298, October 2008. [Japanese]

Letters (8)

  1. K. Watanabe, S. Kojima, T. Akao, M. Katsuno, K. Maruta, C-J. Ahn, “Modified Pilot Selection for Channel Estimation of Systematic Polar Coded MIMO-OFDM,” ICT Express. [Accepted]
  2. T. Akao, K. Watanabe, S. Kojima, M. Katsuno, K. Maruta, C-J. Ahn, “Reducing Channel Spatial Correlation by Rotating Planar Antenna Array,” ICT Express. [Accepted]
  3. S. Taroda, S. Higuchi, K. Tezuka, C-J. Ahn, K. Maruta, “Transmit Power Imbalance Reduction and Nonlinear Companding Transform for Beamforming,” ICT Express.
  4. K. Maruta, A. Ohta, Y. Shirato, S. Kurosaki, T. Arai, T. Iwakuni, M. Iizuka, “CB-SDMA: Continuous Beamforming Space Division Multiple Access on Massive Antenna Systems for Wireless Entrance (MAS-WE),” IEICE Communications Express, Vol. 6, No. 1 pp. 59-64, Jan. 2017.
  5. T. Iwakuni, K. Maruta, A. Ohta, Y. Shirato, S. Kurosaki, T. Arai, M. Iizuka, “Massive MIMO effect for multiuser spatial multiplexing in time varying channel,” IEICE Communications Express, Vol. 4, No. 8, pp. 270-275, Aug. 2015.
  6. K. Maruta, A. Ohta, M. Iizuka, T. Sugiyama, “Spectral Efficiency Improvement of Fractional Frequency Reuse by Inter-Cell Interference Cancellation on Cooperative Base Station,” IEICE Transactions on Communications, Vol.E95-B, No.6, pp.2164-2168, June 2012.
  7. T. Maruyama, T. Shimizu, M. Akimoto, K. Maruta, “Data Transmission Using Original Coils in Resonant Wireless Power Transmission,” IEICE Transactions on Communications, Vol.E94-B, No.11, pp.3172-3174, Nov. 2011.
  8. T. Maruyama, K. Maruta, J. Mashino, M. Nakatsugawa, “Control information transmission without resource consumption for PAPR reduction of OFDM signal,” Electronics Letters, vol.45, no.8, pp.406-408, Apr. 2009.

International Conferences (49)

  1. Y. Nakayama, D. Hisano, R. Yasunaga, K. Maruta, "Adaptive Network Architecture with Moving Nodes Towards Beyond 5G Era", IEEE International Conference on Communications (ICC), Shanghai, P.R.China, May. 2019.
  2. K. Nishimori, K. Maruta, T. Hiraguri, "Blind Adaptive Array by Constant Modulus with Variable Step Size for Multi-beam Massive MIMO", Proc. the 23rd International ITG Workshop on Smart Antennas, Vienna, Austria, April 2019.
  3. Y. Nakayama, K. Honda, D. Hisano, K. Maruta, “Adaptive C-RAN Architecture for Smart City using Crowdsourced Radio Units,” Proc. IEEE International Conference on Pervasive Computing and Communications (PerCom) Work-In-Progress (WiP), Kyoto, Japan, March 2019.
  4. D. Hisano, Y. Nakayama, K. Maruta, A. Maruta, “Deployment Design of Functional Split Base Station in Fixed and Wireless Multihop Fronthaul,” Proc. 2018 IEEE Global Telecommunications Conference (GLOBECOM), Abu Dhabi, United Arab Emirates, December 2018.
  5. T. Akao, K. Watanabe, S. Kojima, M. Katsuno, K. Maruta, C-J. Ahn, “Reducing Channel Spatial Correlation by Rotating Planar Antenna Array,” Proc. The 2018 International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems (ISPACS 2018), Okinawa, Japan, November 2018.
  6. K. Watanabe, S. Kojima, T. Akao, M. Katsuno, K. Maruta, C-J. Ahn, “Modified Pilot Selection for Systematic Polar Coded MIMO-OFDM Channel Estimation,” Proc. The 2018 International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems (ISPACS 2018), Okinawa, Japan, November 2018.
  7. K. Maruta, K. Nishimori, C-J. Ahn, “Constant Modulus and Kurtosis based Blind Adaptive Array Interference Suppression: Comparisons and New Approach,” Proc. The 18th International Symposium on Communications and Information Technologies (ISCIT 2018), Bangkok, Thailand, September 2018.
  8. T. Omura, S. Kojima, K. Maruta, C-J. Ahn, “Neural Network based Channel Identification and Compensation,” Proc. The 18th International Symposium on Communications and Information Technologies (ISCIT 2018), Bangkok, Thailand, September 2018.
  9. K. Senoo, T. Akao, K. Maruta, C-J. Ahn, “Improvement and Expansion of Operational Range for STPA-BAA Spectrum Superposing Scheme Using Subcarrier Adaptive Modulation,” Proc. The 18th International Symposium on Communications and Information Technologies (ISCIT 2018), Bangkok, Thailand, September 2018.
  10. K. Yonei, K. Watanabe, K. Maruta, C-J. Ahn, “Iterative Channel Estimation with Polar Codes for Short Block Transmission,” Proc. The 18th International Symposium on Communications and Information Technologies (ISCIT 2018), Bangkok, Thailand, September 2018.
  11. K. Goto, T. Akao, K. Maruta, C-J. Ahn, “Reduced Complexity Direction-of-Arrival Estimation for 2D Planar Massive Arrays: A Separation Approach,” Proc. The 18th International Symposium on Communications and Information Technologies (ISCIT 2018), Bangkok, Thailand, September 2018.
  12. S. Kojima, T. Akao, K. Watanabe, M. Katsuno, K. Maruta, C-J. Ahn, “Adaptive Switching Method with AMC and FSS,” Proc. The 26 th International Conference on Software, Telecommunications and Computer Networks (SoftCOM 2018), Split – Supetar, Croatia, September 2018. [Best Paper Award]
  13. K. Honda, R. Yasunaga, Y. Nakayama, K. Maruta, T. Tsutsumi, “Dynamic Mobile Network Architecture Organized by Drivers Decision Making,” Proc. 2018 IEEE 29th Annual International Symposium on Personal, Indoor and Mobile Radio Communications (PIMRC), Bologna, Italy, September 2018.
  14. K. Maruta, Y. Nakayama, K. Honda, D. Hisano, C-J. Ahn, “V2P Connectivity on Higher Frequency Band and CoMP Based Coverage Expansion,” Proc. 2018 IEEE 29th Annual International Symposium on Personal, Indoor and Mobile Radio Communications (PIMRC), Bologna, Italy, September 2018.
  15. S. Ogawa, K. Nishimori, R. Taniguchi, K. Maruta, T. Hiraguri, “Multi-beam Massive MIMO Using Robust ICA,” Proc. 2018 IEEE International Workshop on Electromagnetics:Applications and Student Innovation Competition (iWEM), Nagoya, Japan, August 2018.
  16. S. Taroda, C-J. Ahn, K. Maruta, “Transmit Power Imbalance Reduction Method and Nonlinear Companding Transform for Beamforming OFDM Systems,” Proc. 2018 IEEE Seventh International Conference on Communications and Electronics (ICCE), Hue Imperial City, Vietnam, July 2018.
  17. S. Higuchi, C-J. Ahn, K. Maruta, “Efficient Channel Column Sorting Method Based on Householder Transformation for QRM-MLD,” Proc. 2018 IEEE Seventh International Conference on Communications and Electronics (ICCE), Hue Imperial City, Vietnam, July 2018.
  18. K. Tezuka, K. Maruta, C-J. Ahn, “Variable Channel Threshold-Based Hybrid AF-DF Cooperative Communications with Packet Splitting,” Proc. 2018 IEEE International Conference on Consumer Electronics - Asia (ICCE-Asia), Jeju, Korea, June 2018.
  19. Y. Nakayama, K. Maruta, T.Tsutsumi, R. Yasunaga, K. Honda, K. Sezaki, “Recovery Node Layout Planning for Wired and Wireless Network Cooperation for Disaster Response,” Proc. 2016 IEEE International Conference on Communications (ICC'18) Workshop on SOC-DIL, Kansas City, USA, May 2018.
  20. S. Kojima, K. Teduka, K. Maruta, C-J. Ahn, “Optimized Adaptive Modulation with Considering Mobile Relay on FSS-OFDM System,” The 20th International Symposium on Wireless Personal Multimedia Communications (WPMC 2017) , Yogyakarta, Indonesia, Dec. 2017.
  21. K. Watanabe, S. Higuchi, K. Maruta, C-J. Ahn, “Performance of Polar Codes with MIMO-OFDM Under Frequency Selective Fading Channel,” The 20th International Symposium on Wireless Personal Multimedia Communications (WPMC 2017) , Yogyakarta, Indonesia, Dec. 2017.
  22. M. Katsuno, S. Higuchi, K. Maruta, C-J. Ahn, “Improving Scattered Pilot Channel Estimation by Sector Selection on FDD MIMO/OFDM Systems,” The 20th International Symposium on Wireless Personal Multimedia Communications (WPMC 2017) , Yogyakarta, Indonesia, Dec. 2017.
  23. T. Akao, S. Taroda, K. Maruta, C-J. Ahn, “Improved Common Correlation Matrix Based SMI Algorithm by Channel Estimation Error Minimization with LMS Approach,” The 20th International Symposium on Wireless Personal Multimedia Communications (WPMC 2017) , Yogyakarta, Indonesia, Dec. 2017.
  24. K. Maruta, C-J. Ahn, K. Hashimoto, “Stabilized Interference Suppression by Initial Antenna Selection for CMA Adaptive Array over Rayleigh Fading Channels,” The 2017 International Symposium on Nonlinear Theory and Its Applications (NOLTA2017), Cancun, Mexico, Dec. 2017.
  25. Y. Nakayama, K. Maruta, T. Tsutsumi, K. Sezaki “Fundamental Analysis of Nonlinear Bypass Route Computation for Wired and Wireless Network Cooperation Recovery System,” The 2017 International Symposium on Nonlinear Theory and Its Applications (NOLTA2017), Cancun, Mexico, Dec. 2017.
  26. T. Tsutsumi, Y. Nakayama, K. Maruta, K. Honda, “Analysis for Designing Cost-effective Optical Access Networks Including Nonlinear Optical Characteristics,The 2017 International Symposium on Nonlinear Theory and Its Applications (NOLTA2017), Cancun, Mexico, Dec. 2017.
  27. M. Fujishiro, K. Maruta, C-J. Ahn, “Preamble-less Synchronization by Short Block Autocorrelation for OFDM Systems over Multipath Fading Channels,” The 2017 International Symposium on Nonlinear Theory and Its Applications (NOLTA2017), Cancun, Mexico, Dec. 2017.
  28. K. Hashimoto, T. Omori, K. Maruta, C-J. Ahn, “Nonlinearity in RF Front-End as a Bottleneck in High Speed Mobile Communications,” The 2017 International Symposium on Nonlinear Theory and Its Applications (NOLTA2017), Cancun, Mexico, Dec. 2017.
  29. Y. Nakayama, K. Maruta, T. Tsutsumi, K. Sezaki, “Optically Backhauled Moving Network for Local Trains,” The 4th ACM Workshop on Hot Topics in Wireless (HotWireless), Snowbird, USA, Oct. 2017.
  30. M. Suga, K. Goto, T. Tsuchiya, H. Tsuboi, C. Huang, K. Maruta, A. Ohta, “Experimental Evaluation of 1-Tap Time Domain Beamforming based on 75 GHz Indoor CSI,” Proc. 2017 IEEE International Symposium on Antennas and Propagation and USNC-URSI Radio Science Meeting (AP-S/URSI), San Diego, CA, pp.1425-1426, July 2017.
  31. Y. Nakayama, T. Tsutsumi, K. Maruta, K. Sezaki, “ABSORB: Autonomous Base Station with Optical Reflex Backhaul to Adapt to Fluctuating Demand,” Proc. IEEE International Conference on Computer Communications (INFOCOM 2017), Atlanta, GA, pp.235-243, May 2017.
  32. K. Maruta, Y. Nakayama, T. Tsutsumi, “Throughput Performance Evaluation on Wired and Wireless Network Cooperation Quick Recovery System Employing IEEE 802.11 DCF,” Proc. the Fifth International Conference on Network, Communication and Computing (ICNCC'16), Kyoto, pp.267-271, Dec. 2016.
  33. T. Iwakuni, K. Maruta, A. Ohta, Y. Shirato, T. Arai, M. Iizuka, “Experimental Verification of Null-Space Expansion for Multiuser Massive MIMO using Measured Channel State Information,” Proc. 2016 IEEE 84th Vehicular Technology Conference (VTC'16-Fall), Montreal, QC, Sept. 2016.
  34. H. So, K. Maruta, J. Mashino, K. Suzaki, “Experimental Verification of Spectrum Superposing in Two Different Systems by Blind Adaptive Array with Subcarrier Transmission Power Assignment,” Proc. 2016 IEEE 84th Vehicular Technology Conference (VTC'16-Fall), Montreal, QC, Sept. 2016.
  35. T. Arai, A. Ohta, S. Kurosaki, K. Maruta, T. Iwakuni, M. Iizuka, “Correlation-based User Scheduling and Multi-planar Parallelogram Array for Massive Antenna Systems,” IEEE International Symposium on Personal, Indoor and Mobile Radio Communications (PIMRC'16), Valencia, Sept. 2016.
  36. Y. Nakayama, K. Maruta, T. Tsutsumi, K. Sezaki, “Wired and Wireless Network Cooperation for Quick Recovery,” Proc. 2016 IEEE International Conference on Communications (ICC’16), Kuala Lumpur, June 2016.
  37. T. Iwakuni, K. Maruta, A. Ohta, Y. Shirato, T. Arai, M. Iizuka, “Inter-User Interference Suppression in Time Varying Channel with Null-Space Expansion for Multiuser Massive MIMO,“ Proc. IEEE International Symposium on Personal, Indoor and Mobile Radio Communications (PIMRC'15), Hong Kong, pp.558-562, Sept. 2015.
  38. K. Maruta, A. Ohta, S. Kurosaki, T. Arai, M. Iizuka, “Experimental Investigation of Space Division Multiplexing on Massive Antenna Systems,“ Proc. 2015 IEEE International Conference on Communications (ICC’15), London, pp.2042-2047, June 2015.
  39. T. Arai, A. Ohta, S. Kurosaki, K. Maruta, T. Iwakuni, M. Iizuka, “A New Antenna Arrangement Design of Massive MIMO in LOS Environment for Further Capacity Enhancement,“ Proc. The 9th European Conference on Antennas and Propagation (EuCAP’15), Lisbon, Apr. 2015.
  40. K. Maruta, A. Ohta, S. Kurosaki, T. Arai, M. Iizuka, “A Novel Application of Massive MIMO: Massive Antenna Systems for Wireless Entrance (MAS-WE),“ Proc. IEEE International Conference on Computing, Networking and Communications (ICNC’15), Garden Grove, CA, pp.331-335, Feb. 2015.
  41. K. Maruta, J. Mashino, T. Sugiyama, “Blind Adaptive Arrays with Subcarrier Transmission Power Assignment for Spectrum Superposing,“ Proc. The 14th Asia-Pacific Microscopy Conference (APMC'14), Sendai, pp.567-569, Nov. 2014. [APMC2014 Prize]
  42. K. Maruta, A. Ohta, M. Iizuka, T. Sugiyama, “Applying FFR to Inter-Cell Interference Cancellation with Quasi-Decentralized Base Station Cooperation,“ Proc. 2012 IEEE 79th Vehicular Technology Conference (VTC'14-Spring), Seoul, May. 2014.
  43. K. Maruta, A. Ohta, M. Iizuka, T. Sugiyama, “Iterative Inter-Cell Interference Cancellation with Fractional Frequency Reuse for Cooperative Base Station Systems,“ International Workshop on Distributed Multi-user MIMO Communications co-located with APWCS'12, Kyoto, Aug. 2012. [Invited Presentation]
  44. K. Maruta, A. Ohta, M. Iizuka, T. Sugiyama, “Iterative Inter-Cluster Interference Cancellation for Cooperative Base Station Systems,” Proc. 2012 IEEE 75th Vehicular Technology Conference (VTC'12-Spring), Yokohama, May. 2012.
  45. K. Maruta, T. Maruyama, A. Ohta, J, Mashino, M. Nakatsugawa, "Improving Spectral Efficiency of Multiuser-MIMO Distributed Antenna Systems by Inter-Cluster Interference Cancellation,” Proc. The 10th Asia-Pacific Microscopy Conference (APMC'10), Yokohama, pp.1585-1588, Dec. 2010.
  46. T. Maruyama, K. Maruta, A. Ohta, M. Nakatsugawa, “Optimized Dynamic Resource Allocation in Frequency and Spatial Domains,” Proc. 2009 IEEE 70th Vehicular Technology Conference (VTC'09-Fall), Anchorage, AK, Sept. 2009.
  47. K. Maruta, T. Maruyama, A. Ohta, M. Nakatsugawa, “Inter-Cluster Interference Canceller for Multiuser MIMO Distributed Antenna Systems,” Proc. IEEE International Symposium on Personal, Indoor and Mobile Radio Communications (PIMRC'09), Tokyo, pp.3079-3083, Sept. 2009.
  48. K. Mitsunaga, K. Maruta, Y. Higa, H. Furukawa, “Application of directional antenna to wireless multihop network enabled by IPT forwarding,” Proc. The 2nd International Conference on Signal Processing and Communication Systems (ICSPCS'08), Gold Coast, Dec. 2008.
  49. K. Maruta, Y. Tohzaka, Y. Higa, H. Furukawa, “Bidirectional Traffic Handlings in Wireless Multihop Networks Incorporating Intermittent Periodic Transmit and Packet Forwarding Path Reservation,” Proc. IEEE Vehicular Technology Society Asia Pacific Wireless Communications Symposium (APWCS'07), Taiwan, Aug. 2007.

Domestic Conferences (59)

  1. 丸田一輝, 西森健太郎, 中山悠, 安昌俊, “時間領域シンボル拡散を用いたブラインド型アダプティブアレー,” 信学技報, vol. 118, no. 474, RCS2018-296, pp. 77-82, 2019年3月. [依頼講演]
  2. 丸田一輝, 小島駿, 中山悠, 久野大介, 安昌俊, “無線信号の可視化情報を用いた機械学習による干渉推定, ” 革新的無線通信技術に関する横断型研究会(MIKA)技術交流会, 2019年2月.
  3. 丸田一輝, 安昌俊, “マルチセルMassive MIMOシステムにおけるパイロット汚染除去のための干渉抑圧方式,” 信学技報, vol. 118, no. 254, RCS2018-177, pp. 143-148, 2018年10月. [奨励講演]
  4. 丸田一輝, 中山悠, 本田一暁, 久野大介, 安昌俊, “適応的モバイルネットワークにおける高周波数帯車載スモールセル基地局の歩車間通信特性,” 信学技報, vol. 118, no. 254, RCS2018-167, pp. 89-94, 2018年10月.
  5. 小島駿, 渡辺滉也, 赤尾貴志, 勝野将人, 丸田一輝, 安昌俊, “周波数シンボル拡散を用いた適応変調符号化,” 信学技報, vol. 118, no. 254, RCS2018-164, pp. 71-76, 2018年10月.
  6. 小川翔太, 西森健太郎, 谷口諒太郎, 丸田一輝, 平栗健史, “ICAを用いた上り回線マルチビームMassive MIMOの性能評価,” 信学技報, vol. 118, no. 246, AP2018-96, pp. 41-46, 2018年10月.
  7. 丸田一輝, 田中健, 中山悠, 本田一暁, 久野大介, 安昌俊, “ビークルセルによる適応的モバイルネットワークの構成及び歩車間通信特性”, 電子情報通信学会 革新的無線通信技術に関する横断型研究会(MIKA), 2018年9月.
  8. 西森健太郎, 小川翔太, 谷口諒太郎, 丸田一輝, 平栗健史, “マルチビームMassive MIMOに適したブラインド型アダプティブアレーの比較検討,” 信学技報, vol. 118, no. 191, AP2018-79, pp. 67-72, 2018年8月.
  9. 西森健太郎, 谷口諒太郎, 丸田一輝, 平栗健史, 満井勉, “可変ステップサイズ型SD-CMAを用いたマルチビームMassive MIMO,” 信学技報, vol. 118, no. 134, AP2018-51, pp. 55-60, 2018年7月.
  10. 西森健太郎, 小川翔太, 谷口諒太郎, 丸田一輝, 平栗健史, “ビームスペース型Robust ICAの特性解析,” 信学技報, vol. 118, no. 103, AP2018-40, pp. 15-20, 2018年6月.
  11. 丸田一輝, 西森健太郎, 安昌俊, “ブラインド型アダプティブアレーによる干渉抑圧:アルゴリズムの特性比較と応用について,” 信学技報, vol. 118, no. 71, CQ2018-22, pp. 25-30, 2018年5月. [招待講演]
  12. 小川翔太, 西森健太郎, 谷口諒太郎, 丸田一輝, 平栗健史, “Robust ICAを用いたマルチビームMassive MIMO,” 信学技報, vol. 118, no. 71, CQ2018-30, pp. 73-78, 2018年5月.
  13. 丸田一輝, 安昌俊, “フェージング環境におけるアンテナ選択によるCMA/MMAアダプティブアレーの干渉抑圧特性安定化,” 信学技報, vol. 117, no. 504, CS2017-114, pp. 151-155, 2018年3月.
  14. 中山悠, 丸田一輝, 堤卓也, 瀬崎薫, “有線・無線協調ネットワーク復旧システムにおけるリカバリノード配置法,” 信学技報, vol. 117, no. 504, CS2017-95, pp. 47-52, 2018年3月.
  15. 久野大介, 中山悠, 丸田一輝, 丸田章博, “光ファイバ数削減に向けたモバイルフロントホールの無線リンク収容,” 信学技報, vol. 117, no. 504, CS2017-89, pp. 13-17, 2018年3月.
  16. 小川翔太, 西森健太郎, 谷口諒太郎, 丸田一輝, 平栗健史, “Robust ICAとLS-CMAによるマルチビームMassive MIMOの比較検討,” 信学技報, vol. 117, no. 490, AP2017-201, pp. 51-56, 2018年3月.
  17. 丸田一輝, 安昌俊, “マルチセルMassive MIMOアップリンクにおけるセミブラインド干渉抑圧のビームスペース法を用いた特性改善,” 信学技報, vol. 117, no. 456, RCS2017-346, pp. 167-172, 2018年2月.
  18. 丸田一輝, 安昌俊, “マルチセルMassive MIMOアップリンクにおける判定帰還型チャネル推定を用いたセミブラインド干渉除去,” 信学技報, vol. 117, no. 246, RCS2017-194, pp. 143-148, 2017年10月. [依頼講演] [RCS最優秀貢献賞]
  19. 丸田一輝, 安昌俊, “ブラインド型アダプティブアレーアルゴリズムの干渉抑圧特性比較,” 第4回コミュニケーションクオリティ(CQ)基礎講座ワークショップ, 2017年10月.
  20. 丸田一輝, 中山悠, 堤卓也, “有線・無線ネットワーク協調復旧システムのMACレベルスループット特性,” 信学技報, vol. 117, no. 132, RCS2017-118, pp. 145-146, 2017年7月.
  21. 丸田一輝, 太田厚, 白戸裕史, 黒崎聰, 田中健, 飯塚正孝, “ミリ波帯大規模アンテナシステムにおけるデジタルアシスト型アナログビームフォーミング ~ 計算機シミュレーションによる特性評価 ~,” 信学技報, vol. 116, no. 383, RCS2016-233, pp. 141-146, 2016年12月.
  22. 太田厚, 丸田一輝, 白戸裕史, 黒崎聰, 田中健, 飯塚正孝, “ミリ波帯大規模アンテナシステムにおけるデジタルアシスト型アナログビームフォーミング ~ 基本コンセプトの提案 ~,” 信学技報, vol. 116, no. 383, RCS2016-232, pp. 135-140, 2016年12月.
  23. 五藤大介, 新井拓人, 岩渕匡史, 岩國辰彦, 丸田一輝, “適応可動APシステムにおけるユーザ端末密集エリアを考慮したAP位置制御アルゴリズムの提案,” 信学技報, vol. 116, no. 147, RCS2016-125, pp. 159-164, 2016年7月.
  24. 新井拓人, 五藤大介, 岩渕匡史, 岩國辰彦, 丸田一輝, “オフロード効率改善を実現する適応可動APシステムの提案,” 信学技報, vol. 116, no. 46, RCS2016-43, pp. 107-112, 2016年5月.
  25. 岩國辰彦, 丸田一輝, 太田厚, 白戸裕史, 新井拓人, 田中健, 飯塚正孝, “実伝搬データを用いたマルチユーザMassive MIMOヌル空間拡張法の特性評価,” 信学技報, vol. 116, no. 11, RCS2016-21, pp. 117-122, 2016年4月.
  26. 丸田一輝, 新井拓人, 太田厚, 白戸裕史, 黒崎聰, 岩國辰彦, 飯塚正孝, “高周波数帯Massive MIMOにおけるサブアレー時間軸ビームフォーミングによるマルチユーザ並列伝送,” 信学技報, vol. 116, no. 11, RCS2016-20, pp. 111-116, 2016年4月.
  27. 太田厚, 白戸裕史, 丸田一輝, 新井拓人, 岩國辰彦, 黒崎聰, 田中健, 飯塚正孝, "時間軸ビームフォーミングを用いた列車ムービングセルへの無線バックホール構築技術," 信学技報, vol. 115, no. 369, RCS2015-272, pp. 169-174, 2015年12月.
  28. 太田厚, 白戸裕史, 丸田一輝, 新井拓人, 岩國辰彦, 飯塚正孝, "見通し環境Massive MIMOにおける第1固有モード伝送の有効利用," 信学技報, vol. 115, no. 288, RCS2015-239, pp. 293-298, 2015年11月.
  29. 丸田一輝, 岩國辰彦, 太田厚, 白戸裕史, 新井拓人, 飯塚正孝, "第1固有モード伝送を積極活用する高周波数帯マルチユーザMassive MIMOの検討," 信学技報, vol. 115, no. 288, RCS2015-205, pp. 91-96, 2015年11月.
  30. 岩國辰彦, 丸田一輝, 太田厚, 白戸裕史, 新井拓人, 飯塚正孝, "チャネル時変動に対するマルチユーザMassive MIMOヌル空間拡張法の特性評価," 信学技報, vol. 115, no. 288, RCS2015-198, pp. 49-54, 2015年11月.
  31. 丸田一輝, 古川浩, "無線バックホールにおけるラウンドロビン型周期的間欠送信を用いた効率的マルチチャネル中継法の検討," 信学技報, vol. 115, no. 206, CQ2015-67, pp. 161-166, 2015年9月.
  32. 宗秀哉, 丸田一輝, 増野淳, 須崎皓平, "周波数共用環境におけるサブキャリア送信電力制御を用いたブラインド型アダプティブアレーの屋内伝送実験," 信学技報, vol. 115, no. 181, RCS2015-155, pp. 135-140, 2015年8月.
  33. 丸田一輝, 太田厚, 白戸裕史, 黒崎聰, 新井拓人, 岩國辰彦, 飯塚正孝, "マルチセルMassive MIMOシステムにおけるMMSE-CMAアダプティブアレーを用いたアップリンク干渉除去," 信学技報, vol. 115, no. 181, RCS2015-154, pp. 129-134, 2015年8月.
  34. 新井拓人, 太田厚, 白戸裕史, 丸田一輝, 岩國辰彦, 飯塚正孝, "第1固有モードの並列伝送を用いた見通し環境ミリ波帯空間多重伝送技術 ~ 高効率チャネルフィードバック法の提案 ~," 信学技報, vol. 115, no. 181, RCS2015-145, pp. 79-84, 2015年8月.
  35. 太田厚, 新井拓人, 白戸裕史, 丸田一輝, 岩國辰彦, 飯塚正孝, "第1固有モードの並列伝送を用いた見通し環境ミリ波帯空間多重伝送技術 ~ 方式提案と基本特性評価結果 ~," 信学技報, vol. 115, no. 181, RCS2015-144, pp. 73-78, 2015年8月.
  36. 太田厚, 岩國辰彦, 丸田一輝, 白戸裕史, 新井拓人, 飯塚正孝, "チャネル時変動環境下におけるマルチユーザMassive MIMOのユーザ間干渉抑圧のための空間自由度有効活用に関する検討," 信学技報, vol. 115, no. 113, RCS2015-54, pp. 49-54, 2015年6月.
  37. 新井拓人, 太田厚, 白戸裕史, 丸田一輝, 岩國辰彦, 飯塚正孝, "空間相関低減を実現するアンテナ素子周期的オフセット配置," 信学技報, vol. 115, no. 113, RCS2015-53, pp. 43-48, 2015年6月.
  38. 岩國辰彦, 丸田一輝, 太田厚, 白戸裕史, 新井拓人, 飯塚正孝, "時変動環境下におけるマルチユーザMassive MIMOヌル空間拡張法," 信学技報, vol. 115, no. 2, RCS2015-17, pp. 89-94, 2015年4月.
  39. 丸田一輝, 太田厚, 白戸裕史, 黒崎聰, 新井拓人, 岩國辰彦, 飯塚正孝, "大規模アンテナ無線エントランスシステムにおける常時ビーム形成型空間分割多元接続方式及び周波数バックオフ制御," 信学技報, vol. 115, no. 2, RCS2015-16, pp. 83-88, 2015年4月.
  40. 丸田一輝, 太田厚, 新井対応, 黒崎聰, 岩國辰彦, 飯塚正孝, "平行四辺形アレーを用いた大規模アンテナ無線エントランスシステム(MAS-WE)の実験的検証 ~ 超高次空間多重時の特性評価 ~," 信学技報, vol. 114, no. 86, RCS2014-80, pp. 281-286, 2014年6月.
  41. 太田厚, 丸田一輝, 新井拓人, 黒崎聰, 岩國辰彦, 飯塚正孝, "平行四辺形アレーを用いた大規模アンテナ無線エントランスシステム(MAS-WE)の実験的検証 ~ 超多素子アンテナへの拡張実験法と基本特性評価 ~," 信学技報, vol. 114, no. 86, RCS2014-79, pp. 275-280, 2014年6月.
  42. 新井拓人, 太田厚, 丸田一輝, 飯塚正孝, "大規模アンテナ無線エントランスシステムにおける複数平面平行四辺形アレー及び簡易ユーザスケジューリングを用いたシステム化の検討," 信学技報, vol. 114, no. 86, RCS2014-78, pp. 269-274, 2014年6月.
  43. 丸田一輝, 増野淳, 大槻暢朗, 杉山隆利, "CSMA/CA無線ネットワークコーディング試作装置のタイムアウト最適化による伝送特性改善," 信学技報, vol. 114, no. 8, RCS2014-13, pp. 67-72, 2014年4月.
  44. 新井拓人, 太田厚, 黒崎聰, 丸田一輝, 岩國辰彦, 飯塚正孝, “大規模アンテナ無線エントランスシステムにおける更なる大容量化への挑戦 ~ LOS環境チャネルベクトルを低相関化するアンテナ配置最適化法の提案 ~,” 信学技報, vol. 114, no. 8, RCS2014-1, pp. 1-6, 2014年4月.
  45. 丸田一輝, 増野淳, 中戸裕基, 杉山隆利, “サブキャリア送信電力制御を用いた固有ベクトルビームスペースCMAアダプティブアレーによるブラインド干渉抑圧方式,” 信学技報, vol. 113, no. 456, RCS2013-343, pp. 223-228, 2014年3月.
  46. 丸田一輝, 太田厚, 黒崎聰, 新井拓人, 飯塚正孝, “大規模アンテナ無線エントランスシステムの実験的検証 ~ 実伝搬データを用いたリンクレベル性能評価 ~,” 信学技報, vol. 113, no. 386, RCS2013-262, pp. 41-46, 2014年1月.
  47. 丸田一輝, 増野, 杉山, "サブキャリア送信電力制御を用いたブラインド型アダプティブアレー,” 信学技報, vol. 113, no. 301, RCS2013-196, pp. 129-134, 2013年11月.
  48. 増野淳, 丸田一輝, 大槻暢朗, 杉山隆利, “無線ネットワークコーディング試作装置のCSMAモードにおける屋外伝送実験特性,” 信学技報, vol. 113, no. 246, RCS2013-169, pp. 157-162, 2013年10月.
  49. 丸田一輝, 太田厚, 黒崎聰, 新井拓人, 飯塚正孝, “大規模アンテナ無線エントランスシステムの実験的検証 ~ 超高次空間多重に向けた基本特性評価 ~,” 信学技報, vol. 113, no. 93, RCS2013-72, pp. 205-210, 2013年6月.
  50. 太田厚, 丸田一輝, 黒崎聰, 新井拓人, 飯塚正孝, “大規模アンテナ無線エントランスシステムの実験的検証 ~ MASの基本特性およびフィージビリティの検証 ~,” 信学技報, vol. 113, no. 93, RCS2013-71, pp. 199-204, 2013年6月.
  51. 丸田一輝, 太田厚, 黒崎聰, 新井拓人, 飯塚正孝, “大規模アンテナ無線エントランスシステムの提案 ~ 計算機シミュレーションによる特性評価 ~,” 信学技報, vol. 113, no. 8, RCS2013-6, pp. 31-36, 2013年4月.
  52. 太田厚, 丸田一輝, 黒崎聰, 新井拓人, 飯塚正孝, “大規模アンテナ無線エントランスシステムの提案 ~ マルチユーザMIMO技術の新しいアプローチ ~,” 信学技報, vol. 113, no. 8, RCS2013-5, pp. 25-30, 2013年4月.
  53. 丸田一輝, 増野, 大槻暢朗, 杉山隆利, “無線ネットワークコーディング試作装置の屋外伝送実験特性,” 信学技報, vol. 112, no. 351, RCS2012-196, pp.77-82, 2012年12月.
  54. 丸田一輝, 太田厚, 飯塚正孝, 杉山隆利, “FFRを用いた基地局連携セル間干渉キャンセラにおけるチャネル情報不完全性の影響,” 信学技報, vol. 111, no. 451, RCS2011-354, pp. 229-234, 2012年3月.
  55. 丸田一輝, 太田厚, 飯塚正孝, 杉山隆利, “基地局連携セル間干渉キャンセラによるFFRの周波数利用効率改善効果,” 信学技報, vol. 111, no. 289, RCS2011-196, pp. 43-48, 2011年11月.
  56. 丸田一輝, 丸山貴史, 太田厚, 増野淳, 飯塚正孝, “マルチユーザMIMO分散アンテナシステムにおけるクラスタ間干渉キャンセラの特性改善,” 信学技報, vol. 110 no. 268, RCS2010-150, pp. 51-56, 2010年11月.
  57. 丸田一輝, 丸山貴史, 太田厚, 増野淳, 中津川征士, “マルチユーザMIMO分散アンテナシステムにおけるクラスタ間干渉キャンセラを用いた周波数利用効率改善効果,” 信学技報, vol. 109, no. 369, RCS2009-231, pp. 139-144, 2010年1月.
  58. 丸田一輝, 東坂悠司, 比嘉征規, 古川浩, “TCPトラフィックを想定した経路予約型周期的間欠送信,” 信学技報, vol. 106, no. 478, RCS2006-194, pp.111-116, 2007年1月.
  59. 比嘉征規, 東坂悠司, 丸田一輝, 古川浩, “Passive ACKと周期的間欠送信法による無線マルチホップネットワークの高効率化,” 信学技報, Vol.106, No.25, RCS2006-13, pp.73-78, 2006年4月.

Domestic General Conferences (98)

  1. 島田一志, 高橋光貴, 丸田一輝, 安 昌俊, “アップリンクマルチユーザ可視光OFDM-IDMAシステムの拡散符長最適化による性能改善,” 2019年電子情報通信学会総合大会, ISS-P-006 , 2019年3月.
  2. 三浦七輝, 渡辺滉也, 丸田一輝, 安 昌俊, “組織的Polar符号を用いたOFDMシステムの性能改善,” 2019年電子情報通信学会総合大会, ISS-A-025 , 2019年3月.
  3. 田邉郁人, 大村高輝, 丸田一輝, 安 昌俊, “高速フェージング下におけるニューラルネットワークを用いた2×2MIMOのチャネル推定・補償,” 2019年電子情報通信学会総合大会, ISS-A-024 , 2019年3月.
  4. 阿部由希帆, 安 昌俊, 丸田一輝, “TFI-OFDMにおけるIQインバランス補償の演算量削減,” 2019年電子情報通信学会総合大会, ISS-A-023 , 2019年3月.
  5. 中山悠, 久野大介, 安永遼真, 丸田一輝, “クラウドソース基地局によるスマートシティ向け適応的C-RAN,” 2019年電子情報通信学会総合大会, B-15-5, 2019年3月.
  6. 一色健太郎, 篠木勇冶, 安昌俊, 丸田一輝, “プリアンブルレスOFDMシステムにおける複数シンボルを用いたタイミング同期性能改善,” 2019年電子情報通信学会総合大会, B-8-8, 2019年3月.
  7. 篠木勇冶, 一色健太郎, 丸田一輝, 安昌俊, “プリアンブルレスOFDMシステムの同期取得における雑音の影響の低減,” 2019年電子情報通信学会総合大会, B-8-7, 2019年3月.
  8. 立松弘貴, 阿部由希帆, 丸田一輝, 安昌俊, “IQ imbalance下におけるMMSECを用いた性能改善,” 2019年電子情報通信学会総合大会, B-8-5, 2019年3月.
  9. 松原駆, 黒木駿, 勝野将人, 丸田一輝, 安昌俊, “複素信号を用いたHTRCI法によるパイロットコンタミネーション除去,” 2019年電子情報通信学会総合大会, B-8-4, 2019年3月.
  10. Nythanel Hoeur, 大村高輝, 丸田一輝, 安昌俊, “一般回帰ニューラルネットワークを利用したチャネル推定と補償,” 2019年電子情報通信学会総合大会, B-8-3, 2019年3月.
  11. 田沼直也, 丸茂稜, 渡辺滉也, 丸田一輝, 安昌俊, “TFIによる組織的Polar符号を用いたOFDMのスループット特性改善,” 2019年電子情報通信学会総合大会, B-8-2, 2019年3月.
  12. 黒木駿, 松原駆, 勝野将人, 丸田一輝, 安昌俊, “改良型HTRCIチャネル推定によるパイロットコンタミネーション除去,” 2019年電子情報通信学会総合大会, B-5-66, 2019年3月.
  13. 本杉晃一, 米井賢太郎, 丸田一輝, 安昌俊, “分割ブロック符号における繰り返しチャネル推定の二次外挿による性能改善,” 2019年電子情報通信学会総合大会, B-5-65, 2019年3月.
  14. 島康介, 妹尾克哉, 後藤健太, 赤尾貴志, 丸田一輝, 安昌俊, “共通共分散行列を用いたSMI法の判定帰還による干渉抑圧特性改善,” 2019年電子情報通信学会総合大会, B-5-46, 2019年3月.
  15. 丸田一輝, 安昌俊, “マルチセルMassive MIMOにおけるセミブラインドMMA及びMMSE-SMIによる多値信号適用時の動作改善,” 2019年電子情報通信学会総合大会, B-5-42, 2019年3月.
  16. 伊藤香貴, 丸田一輝, 安昌俊, “Massive MIMOダウンリンクのMFプリコーディングにおける端末マルチアンテナ環境下でのアウテージ確率解析,” 2019年電子情報通信学会総合大会, B-5-41, 2019年3月.
  17. 丸茂稜, 田沼直也, 渡辺滉也, 丸田一輝, 安昌俊, “組織的Polar符号化MIMO-OFDMにおけるHTRCI及びパンクチャリングによるスループット改善,” 2019年電子情報通信学会総合大会, B-5-11, 2019年3月.
  18. 田中健, 丸田一輝, 菅宣理, 中山悠, “ミリ波帯大容量伝送におけるSpatial-Wideband effectによるサンプル信号分散量の多項式回帰,” 2019年電子情報通信学会総合大会, B-5-7, 2019年3月.
  19. 丸田一輝, 中山悠, 田中健, 安永遼真, 菅宣理, 本田一暁, 久野大介, 安昌俊, “ビークルセルネットワークの無線フロントホールにおけるビーム追従法,” 情報処理学会全国大会, 1F-04, 2019年3月.
  20. 中山悠, 安永遼真, 本田一暁, 竹下絵莉奈, 久野大介, 丸田一輝, “動的に構成されるユーザ提供型モバイルネットワークの価値評価手法,” 情報処理学会全国大会, 1F-03, 2019年3月.
  21. 西森健太郎, 小川翔太, 谷口諒太郎, 丸田一輝, 平栗健史, “マルチビームMassive MIMOに適したブラインド型アダプティブアレー,” 2018年電子情報通信学会ソサイエティ大会, BS-1-2, 2018年9月.
  22. 田中健, 丸田一輝, 中山悠, “ミリ波帯広帯域シングルキャリア伝送におけるアレーアンテナの合成利得劣化評価,” 2018年電子情報通信学会ソサイエティ大会, B-5-23, 2018年9月.
  23. 丸田一輝, 中山悠, 本田一暁, 久野大介, 安昌俊, “適応的モバイルネットワークにおける車載スモールセル基地局の歩車間通信特性,” 2018年電子情報通信学会ソサイエティ大会, B-5-4, 2018年9月.
  24. 中山悠, 丸田一輝, 久野大介, 戸辺義人, “自律移動ノードを用いた適応的モバイルネットワーク,” 2018年電子情報通信学会ソサイエティ大会, B-7-2, 2018年9月.
  25. 久野大介, 中山悠, 丸田一輝, 丸田章博, “光無線協調型フロントホールにおける機能分割基地局の配置設計,” FIT2018 第17回情報科学技術フォーラム, M-026, 2018年9月.
  26. 本田一暁, 中山悠, 丸田一輝, 安永遼真, “車両の余剰電力供給による効率的なモバイルフロントホールシステムの提案,” FIT2018 第17回情報科学技術フォーラム, M-005, 2018年9月.
  27. 中山悠, 丸田一輝, 久野大介, 戸辺義人, “適応的モバイルネットワークにおける自律移動ノードの再配置,” FIT2018 第17回情報科学技術フォーラム, CM-006, 2018年9月.
  28. 丸田一輝, 中山悠, 本田一暁, 久野大介, 安昌俊, “車載スモールセル基地局における歩車間通信特性,” FIT2018 第17回情報科学技術フォーラム, CM-005, 2018年9月.
  29. 堀越尉央, 渡辺滉也, 丸田一輝, 安昌俊, “高符号化率Polar符号を用いたOFDMの性能比較,” 2018年電子情報通信学会総合大会, ISS-P-011, 2018年3月.
  30. 鈴木健一郎, 手塚賢, 丸田一輝, 安昌俊, “アップリンクマルチユーザ可視光OFDM-IDMAシステムによる処理遅延改善のためのSIC,PIC 結合処理を用いた干渉除去,” 2018年電子情報通信学会総合大会, ISS-P-010, 2018年3月.
  31. 久野大介, 中山悠, 丸田一輝, 丸田章博, “モバイルフロントホールの無線リンク収容に関する一検討,” 2018年電子情報通信学会総合大会, B-8-52, 2018年3月.
  32. 米井賢太郎, 渡辺滉也, 丸田一輝, 安昌俊, “ブロック符号における繰り返しチャネル推定の処理遅延低減と性能改善,” 2018年電子情報通信学会総合大会, B-8-28, 2018年3月.
  33. 大村高輝, 小島駿, 丸田一輝, 安昌俊, “ニューラルネットワークを利用したチャネル推定・補償,” 2018年電子情報通信学会総合大会, B-8-27, 2018年3月.
  34. 中山悠, 丸田一輝, 堤卓也, 瀬崎薫, “自律移動型ネットワークにおける機械学習スケジューリング,” 2018年電子情報通信学会総合大会, B-8-20, 2018年3月.
  35. 後藤健太, 赤尾貴志, 丸田一輝, 安昌俊, “2D Massive MIMOシステムにおける低演算量到来方向推定法,” 2018年電子情報通信学会総合大会, B-5-17, 2018年3月.
  36. 妹尾克哉, 赤尾貴志, 丸田一輝, 安昌俊, “サブキャリア送信電力制御及びブラインドアダプティブアレーによる周波数共用方式における適応変調を用いた動作領域の拡大,” 2018年電子情報通信学会総合大会, B-5-16, 2018年3月.
  37. 丸田一輝, 安昌俊, “マルチセルMassive MIMOアップリンクにおけるセミブラインド干渉抑圧の特性改善,” 2018年電子情報通信学会総合大会, B-5-15, 2018年3月.
  38. 小川翔太, 西森健太郎, 谷口諒太郎, 丸田一輝, 平栗健史, “Robust ICAを用いた上り回線マルチビームMassive MIMOの性能評価,” 2018年電子情報通信学会総合大会, B-1-127, 2018年3月.
  39. 本田一暁, 安永遼真, 中山悠, 丸田一輝, 堤卓也, “ビークルセル:ドライバーの意思決定に基づく動的なモバイルネットワーク,” 情報処理学会全国大会, 3D-05, 2018年3月.
  40. 丸田一輝, 安昌俊, “アンテナ選択によるCMAアダプティブアレーの干渉抑圧特性安定化,” 2017年電子情報通信学会ソサイエティ大会, B-5-69, 2017年9月.
  41. 勝野将人, 安昌俊, 丸田一輝, “HTRCIを利用したチャネル推定およびセクター選択によるMIMO/OFDMシステムのスループット特性の改善,” 2017年電子情報通信学会ソサイエティ大会, B-5-17, 2017年9月.
  42. 渡辺滉也, 丸田一輝, 安昌俊, “組織的Polar 符号を用いたMIMO-OFDMシステムの性能評価,” 2017年電子情報通信学会ソサイエティ大会, B-5-13, 2017年9月.
  43. 小島駿, 丸田一輝, 安昌俊, “FSS-OFDMシステムにおける最適化適応変調と送信電力制御,” 2017年電子情報通信学会ソサイエティ大会, B-5-4, 2017年9月.
  44. 後藤和人, 黄俊翔, 丸田一輝, 菅瑞紀, 土屋貴寛, 坪井秀幸, 太田厚, “75GHz帯屋内実測CSIを用いた大規模アンテナの空間多重特性評価,” 2017年電子情報通信学会総合大会, B-5-112, 2017年3月.
  45. 黄俊翔, 丸田一輝, 菅瑞紀, 後藤和人, 土屋貴寛, 坪井秀幸, 太田厚, “75GHz帯屋内実測CSIを用いたデジタルアシスト型アナログビームフォーミングの特性評価,” 2017年電子情報通信学会総合大会, B-5-111, 2017年3月.
  46. 菅瑞紀, 後藤和人, 土屋貴寛, 坪井秀幸, 黄俊翔, 丸田一輝, 太田厚, “75GHz帯屋内実測CSIを用いた1タップ時間領域ビームフォーミングの特性評価,” 2017年電子情報通信学会総合大会, B-5-110, 2017年3月.
  47. 土屋貴寛, 後藤和人, 菅瑞紀, 黄俊翔, 坪井秀幸, 丸田一輝, 太田厚, “大規模アンテナ無線エントランスシステムの75GHz帯屋内伝搬測定,” 2017年電子情報通信学会総合大会, B-5-109, 2017年3月.
  48. 太田厚, 丸田一輝, 白戸裕史, 田中健, 黒崎聰, “デジタルアシスト型アナログビームフォーミング技術における到来方向推定精度向上技術(2),” 2017年電子情報通信学会総合大会, B-5-108, 2017年3月.
  49. 丸田一輝, 太田厚, 白戸裕史, 田中健, 黒崎聰, “デジタルアシスト型アナログビームフォーミング技術における到来方向推定精度向上技術(1),” 2017年電子情報通信学会総合大会, B-5-107, 2017年3月.
  50. 田中健, 丸田一輝, 白戸裕史, 新井拓人, 岩國辰彦, 黒崎聰, 太田厚, “デジタルアシスト型アナログビームフォーミング(DAABF)技術の提案 ~FDDシステムへの拡張~,” 2016年電子情報通信学会ソサイエティ大会, B-5-89, 2016年9月.
  51. 丸田一輝, 白戸裕史, 田中健, 新井拓人, 岩國辰彦, 黒崎聰, 太田厚, “デジタルアシスト型アナログビームフォーミング(DAABF)技術の提案 ~時間軸BFウエイト算出の所要ADC数評価~,” 2016年電子情報通信学会ソサイエティ大会, B-5-88, 2016年9月.
  52. 白戸裕史, 丸田一輝, 田中健, 新井拓人, 岩國辰彦, 黒崎聰, 太田厚, “デジタルアシスト型アナログビームフォーミング(DAABF)技術の提案 ~チャネル時変動を伴う無線エントランスへの拡張技術~,” 2016年電子情報通信学会ソサイエティ大会, B-5-87, 2016年9月.
  53. 太田厚, 丸田一輝, 白戸裕史, 田中健, 新井拓人, 岩國辰彦, 黒崎聰, “デジタルアシスト型アナログビームフォーミング(DAABF)技術の提案 ~基本コンセプトと固定設置無線エントランス回線への適用例~,” 2016年電子情報通信学会ソサイエティ大会, B-5-86, 2016年9月.
  54. 岩國辰彦, 丸田一輝, 太田厚, 白戸裕史, 新井拓人, 田中健, 飯塚正孝, “実伝搬データを用いたマルチユーザMassive MIMOヌル空間拡張法の特性評価,” 2016年電子情報通信学会総合大会, B-5-108, 2016年3月.
  55. 丸田一輝, 太田厚, 白戸裕史, 黒崎聰, 新井拓人, 岩國辰彦, 飯塚正孝, “高周波数帯Massive MIMOにおけるサブアレー時間軸ビームフォーミングによるマルチユーザ並列伝送の検討,” 2016年電子情報通信学会総合大会, B-5-45, 2016年3月.
  56. 新井拓人, 太田厚, 白戸裕史, 丸田一輝, 岩國辰彦, 飯塚正孝, “高周波数帯Massive MIMOにおける時間軸ビームフォーミングの基本特性評価,” 2016年電子情報通信学会総合大会, B-5-44, 2016年3月.
  57. 白戸裕史, 太田厚, 丸田一輝, 新井拓人, 岩國辰彦, 黒崎聰, 飯塚正孝, “列車ムービングセル向け無線バックホールの構築技術 ~1 タップ時間軸ビームフォーミングの活用~,” 2016年電子情報通信学会総合大会, B-5-25, 2016年3月.
  58. 太田厚, 白戸裕史, 丸田一輝, 新井拓人, 岩國辰彦, 黒崎聰, 飯塚正孝, “列車ムービングセル向け無線バックホールの構築技術 ~基本特性評価~,” 2016年電子情報通信学会総合大会, B-5-24, 2016年3月.
  59. 中山悠, 丸田一輝, 瀬崎薫, "有線・無線ネットワーク協調復旧システムにおける復旧用AP配置," 地理情報システム学会第24回学術研究発表大会, 2015.10.
  60. 中山悠, 丸田一輝, 瀬崎薫, "災害時に備えた有線・無線ネットワーク協調復旧システム," FIT2015 第14回情報科学技術フォーラム, 2P-2, 2015年9月.
  61. 岩國辰彦, 丸田一輝, 太田厚, 白戸裕史, 新井拓人, 飯塚正孝, "時変動に起因するユーザ間干渉抑圧のためのマルチユーザMassive MIMOヌル空間拡張法における一括ウエイト算出法," 2015年電子情報通信学会ソサイエティ大会, B-5-78, 2015年9月.
  62. 丸田一輝, 岩國辰彦, 太田厚, 白戸裕史, 新井拓人, 飯塚正孝, "高周波数帯マルチユーザMassive MIMOにおける第 1 固有モード伝送のチャネル時変動特性," 2015年電子情報通信学会ソサイエティ大会, B-5-77, 2015年9月.
  63. 新井拓人, 太田厚, 白戸裕史, 丸田一輝, 岩國辰彦, 飯塚正孝, "第 1 固有モードのパラレル伝送を用いた見通し環境ミリ波帯空間多重伝送技術 ‐ 固有ビーム間の直交化条件 ‐," 2015年電子情報通信学会ソサイエティ大会, B-5-76, 2015年9月.
  64. 白戸裕史, 太田厚, 新井拓人, 丸田一輝, 岩國辰彦, 飯塚正孝, "第 1 固有モードのパラレル伝送を用いた見通し環境ミリ波帯空間多重伝送技術 ‐ 効率的チャネルフィードバック方法 ‐," 2015年電子情報通信学会ソサイエティ大会, B-5-75, 2015年9月.
  65. 太田厚, 新井拓人, 白戸裕史, 丸田一輝, 岩國辰彦, 飯塚正孝, "第 1 固有モードのパラレル伝送を用いた見通し環境ミリ波帯空間多重伝送技術 ‐ 方式提案と基本特性評価結果 ‐," 2015年電子情報通信学会ソサイエティ大会, B-5-74, 2015年9月.
  66. 岩國辰彦, 丸田一輝, 太田厚, 白戸裕史, 新井拓人, 飯塚正孝, "時変動環境下におけるマルチユーザMassive MIMOヌル空間拡張法," 2015年電子情報通信学会総合大会, B-5-110, 2015年3月.
  67. 丸田一輝, 太田厚, 白戸裕史, 黒崎聰, 新井拓人, 岩國辰彦, 飯塚正孝, "大規模アンテナシステムにおける常時ビーム形成型多元接続の特性評価," 2015年電子情報通信学会総合大会, B-5-109, 2015年3月.
  68. 太田厚, 丸田一輝, 白戸裕史, 黒崎聰, 新井拓人, 岩國辰彦, 飯塚正孝, "大規模アンテナシステムにおける常時ビーム形成型多元接続の提案," 2015年電子情報通信学会総合大会, B-5-108, 2015年3月.
  69. 新井拓人, 太田厚, 白戸裕史, 丸田一輝, 岩國辰彦, 飯塚正孝, "平行四辺形アレーにおける周期的オフセット構造による空間相関低減効果の改善," 2015年電子情報通信学会総合大会, B-5-23, 2015年3月.
  70. 新井拓人, 太田厚, 黒崎聰, 丸田一輝, 岩國辰彦, 飯塚正孝, "超高次空間多重を実現する大規模アンテナ無線エントランス技術," 2014年電子情報通信学会ソサイエティ大会, BS-1-8, 2014年9月.
  71. 丸田一輝, 太田厚, 新井拓人, 黒崎聰, 岩國辰彦, 飯塚正孝, "大規模アンテナ無線エントランスシステムにおける伝搬実験特性評価," 2014年電子情報通信学会ソサイエティ大会, B-5-90, 2014年9月.
  72. 太田厚, 黒崎聰, 丸田一輝, 新井拓人, 岩國辰彦, 飯塚正孝, "大規模アンテナ無線エントランスにおける降雨時のチャネル時変動特性," 2014年電子情報通信学会ソサイエティ大会, B-5-89, 2014年9月.
  73. 岩國辰彦, 太田厚, 黒崎聰, 丸田一輝, 新井拓人, 飯塚正孝, "超多素子Massive MIMOへの伝搬実験拡張法," 2014年電子情報通信学会ソサイエティ大会, B-5-88, 2014年9月.
  74. 岩國辰彦, 丸田一輝, 太田厚, 黒崎聰, 新井拓人, 飯塚正孝, "チャネル時変動環境下におけるMassive MIMOの適用効果," 2014年電子情報通信学会総合大会, B-5-34, 2014年3月.
  75. 新井拓人, 太田厚, 黒崎聰, 丸田一輝, 岩國辰彦, 飯塚正孝, "見通し環境を活用した低ユーザ間相関を実現するアンテナ配置の最適化," 2014年電子情報通信学会総合大会, B-5-151, 2014年3月.
  76. 黒崎聰, 太田厚, 新井拓人, 丸田一輝, 岩國辰彦, 飯塚正孝, "実伝搬CSIの測定エリアの拡張によるMAS-WEのPER特性評価," 2014年電子情報通信学会総合大会, B-5-152, 2014年3月.
  77. 太田厚, 黒崎聰, 丸田一輝, 新井拓人, 岩國辰彦, 飯塚正孝, "LOS環境の無線伝送におけるアンテナ大規模化の効果," 2014年電子情報通信学会総合大会, ABS-1-4, 2014年3月.
  78. 丸田一輝, 増野淳, 中戸裕基, 杉山隆利, "サブキャリア送信電力制御を用いた固有ベクトルビームスペースCMAアダプティブアレーによるブラインド干渉抑圧の動作領域拡張," 2014年電子情報通信学会総合大会, B-1-193, 2014年3月.
  79. 丸田一輝, 太田厚, 黒崎聰, 新井拓人, 飯塚正孝, "大規模アンテナ無線エントランスシステムにおけるユーザ間干渉抑圧特性の実験的検証," 2013年電子情報通信学会ソサイエティ大会, B-5-109, 2013年9月.
  80. 新井拓人, 太田厚, 黒崎聰, 丸田一輝, 飯塚正孝, "大規模アンテナ無線エントランスシステムにおける伝搬チャネルの実験的検証," 2013年電子情報通信学会ソサイエティ大会, B-5-108, 2013年9月.
  81. 黒崎聰, 太田厚, 丸田一輝, 新井拓人, 飯塚正孝, "大規模アンテナ無線エントランスシステム(MAS-WE)における伝搬減衰特性," 2013年電子情報通信学会ソサイエティ大会, B-5-107, 2013年9月.
  82. 太田厚, 黒崎聰, 丸田一輝, 新井拓人, 飯塚正孝, "マルチユーザMIMOの新しいアプローチ 〜大規模アンテナ無線エントランスシステム〜," 2013年電子情報通信学会ソサイエティ大会, BP-1-8, 2013年9月.
  83. 黒崎聰, 太田厚, 丸田一輝, 新井拓人, 飯塚正孝, "大規模アンテナ無線エントランスシステムにおける低相関スケジューリング法," 2013年電子情報通信学会総合大会, B-5-178, 2013年3月.
  84. 丸田一輝, 太田厚, 黒崎聰, 新井, 飯塚正孝, "大規模アンテナ無線エントランスシステムにおけるユーザ間干渉抑圧法," 2013年電子情報通信学会総合大会, B-5-177, 2013年3月.
  85. 新井拓人, 太田厚, 黒崎聰, 丸田一輝, 飯塚正孝, "大規模アンテナ無線エントランスシステムにおける送受信ウェイト算出法," 2013年電子情報通信学会総合大会, B-5-176, 2013年3月.
  86. 太田厚, 黒崎聰, 丸田一輝, 新井拓人, 飯塚正孝, "大規模アンテナ無線エントランスシステムの提案," 2013年電子情報通信学会総合大会, B-5-175, 2013年3月.
  87. 丸田一輝, 太田厚, 飯塚正孝, 杉山隆利, "低精度CSIミューティングの基地局連携セル間干渉キャンセラへの適用," 2012年電子情報通信学会ソサイエティ大会, B-5-58, 2012年9月.
  88. 丸田一輝, 太田厚, 飯塚正孝, 杉山隆利, "FFRを用いた基地局連携セル間干渉キャンセラのチャネル推定誤差環境下における特性評価," 2012年電子情報通信学会総合大会, B-5-28, 2012年3月.
  89. 太田厚, 黒崎聰, 丸田一輝, 飯塚正孝, "見通し環境での超広帯域無線エントランスシステムの検討," 2011年電子情報通信学会ソサイエティ大会, B-5-122, 2011年9月.
  90. 丸田一輝, 太田厚, 丸山貴史, 増野淳, 飯塚正孝, "基地局連携システムにおけるセル間干渉キャンセラ適用によるFFRの周波数利用効率改善効果," 2011年電子情報通信学会ソサイエティ大会, B-5-71, 2011年9月.
  91. 丸田一輝, 丸山貴史, 太田厚, 増野淳, 飯塚正孝, "分散アンテナシステムにおけるダイナミッククラスタリングとクラスタ間干渉キャンセラの併用による周波数利用効率改善効果," 2011年電子情報通信学会総合大会, B-5-84, 2011年3月.
  92. 丸田一輝, 丸山貴史, 太田厚, 増野淳, 中津川征士, "マルチユーザMIMO基地局連携システムにおける端末局スケジューリングに関する検討," 2010年電子情報通信学会ソサイエティ大会, B-5-37, 2010年9月.
  93. 丸田一輝, 丸山貴史, 太田厚, 増野淳, 中津川征士, "クラスタ間干渉キャンセラを適用した分散アンテナシステムのクラスタエッジにおける周波数利用効率改善効果," 2010年電子情報通信学会総合大会, B-5-139, 2010年3月.
  94. 丸山貴史, 丸田一輝, 太田厚, 大本隆太郎, 中津川征士, "準ミリ波空間分割多重システムの伝送容量改善のための誘電体を用いた構成法," 2009年電子情報通信学会ソサイエティ大会, B-5-131, 2009年9月.
  95. 丸田一輝, 丸山貴史, 太田厚, 中津川征士, "マルチユーザMIMO分散アンテナシステムにおけるクラスタ間干渉キャンセラを用いた周波数リユース最適化," 2009年電子情報通信学会ソサイエティ大会, B-5-140, 2009年9月.
  96. 太田厚, 丸山貴史, 丸田一輝, 中津川征士, "準ミリ波帯における空間分割多重によるシステム容量向上効果," 2009年電子情報通信学会総合大会, B-5-130, 2009年3月.
  97. 丸田一輝, 丸山貴史, 太田厚, 中津川征士, "マルチユーザMIMO分散アンテナシステムにおけるクラスタ間干渉キャンセラに関する検討," 2009年電子情報通信学会総合大会講, B-5-144, 2009年3月.
  98. 丸山貴史, 丸田一輝, 太田厚, 中津川征士, "マルチユーザMIMO分散アンテナシステムにおけるリソース割り当て法," 2008年電子情報通信学会ソサイエティ大会, B-5-118, 2008年9月.